MESSAGE


💛ロクサンヌ・ドゥビルデルリング 駐日ベルギー王国大使よりお祝いのメッセージをいただきました。

💛 Message from  Ambassador Roxane de Bilderling 


日本イザイ協会は、ベルギーの著名なヴァイオリン奏者で作曲家であるウジェーヌ・イザイ(1858-1931)の生誕160年を記念し、昨年「イザイ音楽祭ジャパン2018」を開催し大きな成功を収めましたが、今年もまた日本の聴衆にイザイの音楽に触れる機会を与えてくださいました。

イザイは同時代の作曲家の多くと深い親交で結ばれていましたが、今回は特にエルネスト・ショーソンとの深い友情に光をあてたコンサートとなりました。演奏にあたっては、国際的に活躍する日本の名手がこの時のために集まってくださいました。

イザイとショーソンという二人の作曲家の音楽から生まれる静かで詩情あふる世界は、必ずや聴く人を楽しませてくれるでしょう。ヴァイオリン奏法におけるベルギー楽派の大家として称賛されるイザイの功績は、今なお新しい世代の音楽家に影響を与え続けています。

ベルギーのひとりの芸術家を情熱を込めて紹介し、日本とベルギーの文化の絆を深めてくださる日本イザイ協会にお祝いを申し上げます。

どうぞすばらしい音楽のひとときをお過ごしください。

ロクサンヌ・ドゥビルデルリング

駐日ベルギー王国大使


After the great success of the "Ysaye Music Festival Japan 2018" which celebrated the 160th anniversary of the birth of famous Belgian violinist and composer Eugène Ysaye (1858-1931), the Ysaye Society of Japan offers the Japanese public a new opportunity to enjoy his music.

This year's concert will highlight Ysaye's close ties with many composers of his time, including Ernest Chausson. It will also feature internationally renowned Japanese performers who will come together especially on this occasion.

I am convinced that the audience will appreciate the serenity and the poetry that emanates from the works of these two composers. Eugène Ysaye is acclaimed as a great master of the Belgian school of violin performance and his legacy continues to inspire new generations of musicians.

I congratulate the Ysaye Society of Japan for promoting a Belgian artist in such a passionate way and thereby, the already close cultural ties between Belgium and Japan.

I wish you a pleasant musical afternoon.

Roxane de Bilderling

Ambassador of Belgium 

💛エリザベート王妃国際コンクール会長からメッセージをいただきました。

       💛Message from Mr.Jan Huyghebaert President of the Queen Elisabeth Competition

ウジェーヌ・イザイが世界中の多くの世代の音楽家たちに大きな影響を与えてきたことに疑い の余地はありません。イザイの作曲と演奏は、演奏家たちだけでなく最も美しいヴァイオリン 作品を彼に献呈してきた作曲家たちにも影響を与えました。

(エリザベート女王陛下がイザイの死後、功績を讃えて創設したイザイ国際コンクールはエリ ザベート王妃国際コンクールの前身となっています。)イザイは、その価値の高い国際的イベ ントの基礎を築きました。私たちは彼の遺産が未来へと長く続いていくことを確信しています。

エリザベート王妃国際コンクールを通じて、日本とベルギーとの間に強固な結びつきが確立されました。本日演奏をする戸田弥 生さんをはじめとした多くの日本人の受賞者は、今でも定期的にベルギーを訪れています。全ての受賞者や審査員として名を連 ねた名誉ある人物たちの家族の一員なのです。

エリザベート王妃国際コンクールと日本との長い歴史を持つ結びつきは、日本音楽財団との協力により過去20年で揺るぎないも のとなりました。

私たちは、これらの関係やイザイの及ぼす影響を強化している日本イザイ協会に感謝しています。

ヤン・ホイゲバート     エリザベート王妃国際コンクール会長

There is no doubt that Eugène Ysaÿe has had a huge influence on many generations of musicians, all over the world. His compositions and his playing have not only inspired performers, but also composers, who have dedicated to him some of the most beautiful works ever written for the violin.

The man who, together with H.M. Queen Elisabeth, initiated the Queen Elisabeth Competition laid the foundations of an international event whose values remain more relevant than ever today. And we truly believe that his legacy will live long into the future.

Through the Queen Elisabeth Competition, solid ties have been established between Japan and Belgium. Many Japanese laureates, among them Yayoi Toda, who is performing today, still regularly visit Belgium and are, like all the laureates of the Competition and the numerous prestigious personalities who have served on the jury, part of the family.

These old-established ties between the Competition and Japan have been cemented in the last 20 years, by the collaboration with the Nippon Music Foundation.

We are grateful to the Ysaÿe Society of Japan for strengthening this connection, and the influence of Eugène Ysaÿe in Japan.

Jan Huyghebaert

President of the Queen Elisabeth Competition




             ご挨拶

ベルギー王国大使館はじめ皆々様のご支援のもとで楽譜出版記念コンサート開催の運びとなりました。

世界で活躍するすばらしい演奏家たちによって当編曲楽譜の初演を皆様にご披露する最高の日が迎えられ、心より感謝申し上げます。 ウジェーヌ・イザイの魅力を多くの方々に知って頂きたいと非営利で活動を続けて約10年の月日が流れました。未出版の作品や演奏する機会に恵まれず楽譜が改編増補されることもなく、激動する時代のなかで歴史に埋もれているイザイの作品も少なくありません。イザイの抒情や詩情 あふれる作品をより多くの方々と共有するために、楽器や編成をかえて幅広く親しんでいただくことを含め、作品を楽譜として出版するプロジェ クトを立ち上げ、10年がかりで3冊の楽譜を世に出すことができました。

このたびの編曲版編集作業では、イザイが世界に広めた<ショーソンのポエムop.25>ヴァイオリンパートの指使い弓使いは現存する他版のも のと異なっている部分が多く、ニュアンスも違って演奏解釈にも影響があることを見出しました。絶版となっているイザイ版ヴァイオリンパートの指 示をソロヴァイオリンパートに忠実に再現し、ピアノ伴奏部を室内楽に編曲して出版できたことは大きな成果となり、光栄に思っています。また、 イザイとショーソンの深い絆や功績を振り返りながら、音楽のとりもつ絆の大切さを改めて考える貴重な機会ともなり、感慨ひとしおでございます。 このコンサートがイザイの魅力を世界に発信する原動力となって、これからも成長していけるよう一所懸命努めていきたいと存じます。

イザイとショーソンふたりの静かな情熱と詩情あふれる音楽をお楽しみください。

日本イザイ協会会長 永田郁代

About 10 years have passed we continued to our non-profit activities in order to extend the mesmerism of Eugene Ysaye to many people.

This Concert is a commemorative concert for serving the premiere performance and our publishing of music related Ysaye's works. We would like to express our heartfelt appreciation to the Belgian Embassy in Japan and many supporters and the great performers. We are very impressive day that it's time to unveil the premiere concert by the great performers to everyone.

Our arrangement editing works were a good opportunity to look back on the deep bonds and achievements of Ysaye and Chausson. Another important thing, we could found the Ysaye version's violin part was largely difference from the fingering and bowing of existing version. And so, you could discovered this change of nuances with our edition of chamber music arrangement version. In today's performance,please felt and enjoy Ysaye's intended feelings.

The two editions of the world first publication were completed in close cooperation with supervised by violinist Tomoko Kato, Cello part arrangement by Russian cellist, Alexander Kniazev, commentate by Michel Stockhem and the music engraving, Mio Ito. We would like to express our deeply appreciation for the generous cooperation of the Royal Belgian Library, the Library of Congress, the Geneva Conservatory Library, and the musicians . We hope that this concert will be the driving force for spreading the appeal of Ysaye to the world, and We will do our best for continue to grow forever.

Ikuyo Nagata the President of Ysaye Society of Japan